雨の図書館、ステキな親仁に突き当たりました

6ひと月は梅雨だとわかっていても日毎曇天だと盛り上がりが幾らか滅入ってしまう。
土砂降りの太陽の過ごし方として図書館にいくのもおすすめです。
家で好きな楽曲を聴いて一年中過ごすのもいいのですが。

わずか頑張って長靴履いて。歩いて5取り分ほどの図書館に行ってきました。
本当に大きな図書館で雑誌がいーっぱいあります。
椅子も多彩置いてあって、お昼寝やるご爺さんの方々が常に多彩いらっしゃいます。
ま、気持ち良いし寂しげだし交わるにはちょうどいいんですけどね。
その図書館は単に忠告達するわけでも無く何時間でも居られるみたいです。

あたいが図書館に混ざる際、そんな感じでお昼寝してそうなオジサンがちょうど出てきました。
出先はまだまだ土砂降りがしとしと降っていて。
その人のTシャツが膨らんでいたので「本当にやばい物体とか持ってたりして・・。」とときヒヤッとしました。
でもアッという間にわかりました。
その人は土砂降りに濡れないように借りた雑誌を自分のシャツの中に入れて持って帰ったのです。
傘を持っていなかったんですね。
何故かあったかい気持ちになり、疑った自分が恥ずかしくなりました。
大事にしていただける雑誌も、そういうステキなヤツに来てもらえる図書館も幸せですね。http://www.faiteramo.org/

熊本・大変の地震を経験してふたたび思った素行

4月にあった熊本・大変の地震。熊本の益城表通りや熊本市にも昔住んでいたこともあるし、大変にもいまいるので、今回の地震を経験して、
とっても怖かっただ。
本震の前日の時は、まだ一家皆が起きていてTVを見たり、入浴したり、という時でした。
父親以外は全てTVを見ていて、父親は入浴していました。
今まで経験したことのない凄い地震だったので、びっくりしてTVを見ると、熊本で大きな地震があったことを知りました。
昔熊本にいたこともあり、仲よしもいるので、心配でメールしましたが、普通リンクが取れたのは翌朝でした。
室内はムチャクチャだけど、大丈夫よー、という実質だったので一安心したのですが、ちょっとそのあとにそんな大きな本震が来るとは
思ってもいませんでした。

今までも、2,3クラスに1度は震度3くらいの地震があったのですが、それはその日1回きり、ということがほとんどだったので、
今回の地震のようにいつまでも余震が貫く事はいよいよでした。

阪神災害や東北の災害下部、こちらでもあったら怖いなーくらいにしか思っていませんでしたが、
真に経験すると、日頃の設立や防災って、心から絶対だったんだなーということを身に染みて感じました。

家族の中でも、もしものときの用意ということを、再び話さないといけないな、と思いました。キレイモ 全身脱毛