TVドラマで、銀座にいらっしゃる湯船が紹介されていて、懐かしかっただ。

「孤独の食通」のバスバージョンともいうべき、「昼間のセント酒」を見ているのですが、この前、銀座に残るバス、「金春湯」が紹介されていました。

銀座にある店先に勤めていた時は、業務が終わると、リフレッシュとばかりに、銀座をおろおろ歩いて、ウィンドー買物して、帰ったものです。

金春湯も、銀座の小路を歩いていた瞬間、発見して、「なぜ、銀座にバスが!入ってみたいけれど、お湯船セットアップ、欠けるし、人目は、銀座らしき適切お店先ばかりなので、加わるのは、なんとなく勇気がいるな〜」と願い、入ってみたいと思いながらも、やっと混ざることができませんでした。

ドラマで、まだ金春湯が存在していたのを分かり、懐かしく思いました。
銀座は、至極目まぐるしく、お店先が転じるし、バスもジャンジャン少なくなっているので、「もうないのかな〜」と思っていたのですが、思い切り、銀座で営業していたので、また、「入ってい見たい」という本心が湧きました。

あの頃は、若かったので、銀座の中間に残るバスにふらりと混じる勇気はなかったのですが、今は、中年になり、癇も図太くなったので、平気です。

銀座に立ち寄った時折、どうしても、声明の注目に入ってみたいと思います。お金を借りる ネットで

バスとインタフェースなどについて勉強した

コンピュータのことについて勉強しました。メモリの記憶容量は、記憶できるプログラムの大きさや処理できるデータの多さに直接関係します。現在のパーソナルコンピュータはMB(メガバイト)やGB(ギガバイト)単位のメモリを持っています。インタフェースは、コンピュータ内部では、バスとよばれる伝送路を通してデータのやりとりを行います。また、各周辺装置もバスと接続することによりCPUとのデータのやり取りを行います。このとき、周辺装置とバスを接続する装置をインタフェースといいます。パーソナルコンピュータでは、インタフェースが規格化されているため、目的に応じて異なるメーカーのいろいろな周辺装置を組み合わせて利用することができます。SCSIとは、パソコンとハードディスクやCDーROM、MOなどの周辺装置を接続するために開発されたインタフェースのことです。IEDとは、主にパソコンとハードディスク装置とを接続するために開発されたインタフェースです。パソコンの内蔵ハードディスクはこの規格で接続されていることが多いです。キャッシング 即日 審査